塗装塗替え時期のQ&A

夏でも底に冷たさをもつ青。

冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。 底に冷たさをもつ青いそら。 あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
底に冷たさをもつ青いそら。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
底に冷たさをもつ青いそら。

塗替え時期について

適切なタイミングでの塗替えがお住まいを守ります
塗装は単に見た目を美しくするだけでなく、建物を紫外線や雨風などから保護する役目も持っています。劣化を放置しておくと建材にもダメージを与えてしまい、お住まいの寿命を縮めてしまうことも。適切なタイミングでの塗替えで、安心・安全な環境を維持しましょう。群馬県太田市のアートペイントにご相談いただけば、最適・最善のご提案を行なわせていただきます。
項目を追加

よくあるご質問

塗装工事に関して、お客様からよくお寄せいただくご質問をQ&A形式でまとめました。
Q
質問です
A
答えです
Q
塗装、塗替えのメリットは?
A
塗装や塗替えによって、建物の印象を変化させたり、紫外線や雨風の影響から建材を保護したりすることができます。建物の寿命を延ばし、資産価値を守るためには定期的なメンテナンスが不可欠です。
Q
塗り替えに適した季節はいつですか?
A
地域にもよりますが、雨の多い時期や極度に気温の低い時期以外は、基本的にどの季節でも可能です。
Q
塗装の塗料にはどんな種類がありますか?
A
低コストが特徴のウレタン系塗料や、耐熱性・耐候性にすぐれたシリコン系塗料、トップクラスの耐久性を誇るフッ素系塗料、遮熱機能を備えた遮熱塗料、新世代塗料と呼ばれるラジカル塗料などがあります。用途やご予算に合わせて、最適なご提案を行なわせていただきます。
Q
なぜ、上塗り材と下塗り材を重ね塗りするのですか?
A
下塗り材は塗装箇所の下地を補強し、上塗り材との密着性を高める役目を持っています。また、上塗り材は紫外線等からの保護効果にすぐれているなど、それぞれの役目があるため重ね塗りが必要です。
Q
外壁や屋根の塗装以外もしていただけますか?
A
もちろんです。手すりやフェンス、ドア、玄関まわりなど、鉄部・木部を問わずさまざまな塗装に対応可能です。まずはお気軽にアートペイントまでお問い合わせください。
Q
屋根材で塗装が出来るものと出来ないものがありますか?
A
焼瓦以外(漆喰工事なら可能)であれば、たいていの屋根材に塗装が行なえます。定期的な塗替えで防水性等の保護機能を長期間保持できますので、ご不安の際はお気軽にご相談ください。
Q
サイディングも塗装が必要ですか?
A
サイディングも劣化することで防水性が損なわれますので、基本的には塗装が必要となります。サイディングのひび割れやシーリングの劣化等がございましたら、お早めのご対処がおすすめです。
Q
汚れの付きづらい塗料はありますか?
A
防汚性を備えた塗料が、各メーカーより販売されておりますのでご相談ください。その他にもさまざまな機能をもつ塗料をご用意しております。
Q
地震などで亀裂の入りにくい塗装はありますか?
A
耐震性を重視するなら、弾性のある塗料を使用されることをおすすめいたします。建材の動きに塗膜が追従できるため、万一の地震の際にも亀裂が発生しにくくなるのが特徴です。
Q
外壁塗装の際に外壁の模様などを変えることではできますか?
A
もちろん可能です。お客様のお好みやお住まいの雰囲気等に合わせて、さまざまなデザインでの塗装工事をお請けいたします。タイル模様・凹凸・波型模様など、なんでもお申し付けください。
Q
水性塗料は溶剤型塗料に比べて性能が落ちるのではないですか?
A
水性塗料といっても、塗装後きちんと乾燥させればまったく問題はございません。臭いが少なく、人や環境にもやさしいため、近年では水性塗料のほうが注目されています。 しかし、現状では溶剤型塗料の方が性質上、性能が良いものが多いです。
Q
塗装で防水処理を施すことはできますか?
A
高弾性の防水用塗料をご用意しておりますので、ご要望の際はお気軽にお問い合わせください。丁寧な施工で安心・安全の環境をお届けいたします。
Q
壁面にカビや藻が発生します。付着しにくい塗料などありますか?
A
カビや藻は放置しておくと、どんどん広がって生きますのでご注意ください。アートペイントにご相談いただけば、防カビ性や防藻性を備えた塗料で、適切な塗替え工事を行なわせていただきます。
Q
最近、遮熱塗料という言葉を耳にしますが、どんな塗料ですか?
A
太陽光線に含まれる赤外線を反射させることで、室内の温度上昇を抑えることのできる塗料です。温度上昇を抑えることで、冷房などの光熱費節約にも繋がります。
数字で表しますと、折板屋根の表面温度が70℃から40℃近くまで変化します。
Q
外壁に長いひびなどがあります。塗装で直りますか?
A
外壁に発生したひび割れは、雨水などの水分を建物内部に浸入させてしまいます。被害が進むと構造体の腐食を招いてしまいますので、早急なご対処が必要です。施工の際にはしっかりとひび割れを補修した後で、塗装を行ないますのでご安心ください。
Q
壁をさわると白い粉がつきますがこれは何ですか?
A
チョーキングと呼ばれる塗装劣化の初期症状です。急を要する段階ではありませんが、塗替えを視野に入れておきましょう。お早めに塗替えを行なえば、コストを抑えた施工を行なうことも可能です。
Q
塗装でケレンという言葉を聞きますが、何の事ですか?
A
鉄部や金属製の屋根材・外壁材などに発生した錆を落としたり、塗膜の浮きなどを取り除いたりする作業です。丁寧なケレン作業が、塗装の仕上がりや耐久性を大きく向上させます。
Q
塗装の塗り替え時期はどのくらいですか?
A
一般的に10~15年が塗り替えの目安とされています。ただし、立地環境等によっては大幅に寿命が短くなるケースもありますので、定期的なチェックを行ない、劣化の症状が表れているようでしたら、お早めに塗替えを行ないましょう。また、新築の場合は安価な塗料が使用されていることが多く、5年を過ぎたあたりで、1回目の塗替えを行なうことをおすすめいたします。
Q
隣家と壁が接近しているのですが、狭くても塗装は可能ですか?
A
足場を組むスペースさえあれば、基本的には塗装工事を行なうことが可能です。まずは現地を確認した上で、最適な施工方法をご提案させていただきますのでお気軽にご相談ください。
Q
施工の流れを教えてください。
A
足場の組立、養生シートの設置、高圧洗浄、下地調整、外壁塗装、その他の塗装、施工箇所の確認、足場撤去、現場の清掃、といった手順で施工が進んでいきます。
Q
施工期間は大体どれくらいですか?施工時間・曜日を教えて下さい。
A
物件の規模や気候等によっても異なりますが、一般的な住宅では約10~14日程度の工期をいただいており、日曜日は空けさせていただいております。お見積もり時に詳細をお伝えさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
Q
近くの公園の遊具を綺麗にしてほしいのですが、可能ですか?
A
はい!大丈夫です!業務の都合上、すぐにとりかかることは出来ませんが、お気軽にお問い合わせいただければ、候補の一つにさせていただきます。
また、保育園・幼稚園様からもご依頼頂ければ、ご対応いたします。
Q
見積り・点検は無料ですか?
A
もちろん無料で対応させていただきます。お見積りをしっかりと作成するためにも、お客様の敷地にお邪魔し、お家の寸法を測らせていただきます。お気軽にお問い合わせください。
項目を追加

価格表

各種塗装工事の価格表はこちらをご参照ください!

価格表

price list
外壁塗装工事や屋根塗装工事、その他オプション工事等の価格表を掲載しております。工事をご検討の際は、こちらをご参考いただければ幸いです。